高次脳機能障害に使えるアプリ

1秒の意味処理が失語症の文理解には重要!速度に着目した聴理解教材を紹介

文理解の機能訓練は、聴覚性把持力課題ばかりになっていませんか?この記事では、速度に注目した聴覚的理解課題の紹介を文献をもとに行っていきます。
嚥下障害に使えるアプリ

【認知症・高齢者】嚥下障害に対する装具で顎引き嚥下姿勢を保持

顎引き嚥下の姿勢は、咽頭期に障害のある嚥下障害者に有効であると言われています。しかし、頸部前屈位を保持し続けるのって難しいですよね。今回紹介する商品「コレクトウェル」であれば、頸部前屈位を疲労感なく維持することができるかもしれません。ぜひ、お読みください。
嚥下障害に使えるアプリ

口腔ケアにおすすめの【用品】【手順動画】【アプリ】を紹介

口腔ケアは、言語聴覚士にとって重要なスキル。しかし、養成校では充分には学ばず、現場の実践の中で会得していく技術です。今回は、そんな新人泣かせの口腔ケアについての記事です。オススメグッズや学習動画などを紹介させていただきます。
高次脳機能障害に使えるアプリ

【RISP法】喚語困難への新しい訓練教材!会話への汎化を目指して

呼称はできるようになったのに、会話への汎化が見られない失語症者の方っていませんか。RISP法は喚語速度を向上するための訓練法です。文献では「1秒での喚語により」会話への汎化が期待できるとの記載もあります。そんなRISP法を紹介します。
構音障害に使えるアプリ

構音障害のリハビリにおすすめ!無料アプリと教材まとめ

構音障害のリハビリで使えるアプリを紹介しています。声量低下、発話明瞭度向上、口腔顔面運動、自主トレなど、項目別に紹介していますので、参考にしてくださればと思います。マンネリ化しがちな構音訓練に、新しい風を吹かせましょう!
高次脳機能障害に使えるアプリ

ワーキングメモリを鍛えるトレーニングゲームアプリ【聴覚性注意能力】【把持力】

聴覚性把持力、音韻ループ、聴覚性注意能力の機能訓練って、何をしていますか。プリント課題では、鍛えにくいなと私は常々思っています。本記事では、聴覚性の課題に使える教材を紹介します。この記事を読めば、聴覚性の課題で迷うことはなくなることでしょう。
高次脳機能障害に使えるアプリ

失語症の新しいリハビリ教材「連続的聴理解訓練」【アプリ】

訓練場面では聴覚的理解能力の向上が見られるのに、会話に汎化していないことってありませんか。それは、もしかしたら聴理解の処理速度が原因かもしれません。本記事では、論文を元に聴覚的理解の処理速度に着目した訓練法をご紹介します。
高次脳機能障害に使えるアプリ

【発達障害のある子さんへ】初月無料!ワンダーボックスを試すなら今がおすすめ!

この記事は、発達障害のあるお子さんの学習教材で悩んでいる保護者の方向けに書いています。ワンダーボックスは3月28日まで初月費無料キャンペーンを実施中です。ぜひ、この機会にお試しください。発達障害のある子にワンダーボックスを試してもらった様子も書いていますので、参考にどうぞ。
高次脳機能障害に使えるアプリ

知育アプリ「シンクシンク」の効果を取材と論文をもとに考察

言語聴覚士がシンクシンクに効果があるのかについて実証実験と取材をもとに考察します。記事を読めば、シンクシンクの効果の有無が分かり、購入の判断指標となると思います。
自己研鑽

言語聴覚士の残業を減らす方法を3つ考えてみた

言語聴覚士って残業が多いなって思うことありませんか。大きな原因は二つあると考えます。「検査結果の採点」「プリント教材の印刷が多い」の2点です本記事では、その2点を如何にして業務改善していくかに着目した内容です。明日から残業時間が減ればなあと思います。
タイトルとURLをコピーしました